すぐわかる!林業就業への道

林業の仕事とは

林業は、森林を維持管理しながら、育成した樹木を伐採して木材資源を生産する仕事です。苗木を植え、豊かな森林にするために下刈り、枝打ち、除伐、間伐を行いながら持続可能な森林管理を行います。近年では地球温暖化防止に対する期待が大きく、森林の整備、保全が林業の重要な役割の一つとなっています。

 

森の仕事、林業は自然を相手にする仕事です。季節に応じて行う基本の作業をご紹介します。この他にも、製材加工、流通、測量、林道づくり、治山など、森林での仕事は多岐にわたります。

 

 

林業をより詳しく知りたい方はこちら!

 

 

 

林業に就くには

森の仕事、林業に就くための支援や相談窓口があります。林業就業現場ガイダンスでは、林業に興味を持ち始めた方等に対して、林業関係者による林業就業に関する説明や相談、林業関係の仕事の全体像を理解してもらうための現場(林業関係施設等)見学会を開催しています。

 

都道府県林業就業相談窓口

イベント・説明会一覧

 

 

国の林業就業サポート

全国森林組合連合会では、厚生労働省の委託による「農林業職場定着支援事業(林業就業支援事業)」、林野庁の補助による「「緑の雇用」現場技能者育成対策事業」を実施しています。 「農林業職場定着支援事業(林業就業支援事業)」では、林業に関心を持ち始めた人や就業希望者等に対して、事前に林業就業に関する情報、知識等や林業の仕事、現場等について理解してもらい、就業の準備を円滑に進めるため「林業就職ガイダンス等」を実施しています。 さらに、本格的に就業を目指す人に対し、就業に必要な知識や技術を習得するため「林業就業支援講習」を実施し、林業就業の実現をサポートしています。

 

 

拡大する

 

林業就業支援講習はこちら

 

林業に興味がある

【情報収集】林業に興味がある

まずは森林の仕事、林業、日本の森林について、知ることが第一歩です。

森林の仕事や生活が自分に向いているか?確かめてみる

【体験】森林の仕事や生活が自分に向いているか?確かめてみる

1日で相談会や見学のできる「林業就職ガイダンス」、5日間で林業の体験ができる「林業就業支援講習」があります。詳しくはリンクへ

林業就業支援講習に参加する

【資格取得】林業就業支援講習に参加する

林業は、刈払機やチェーンソーなどの工具を使い、より高度な機械化も進んでいます。基礎知識や資格を取得できる講習会に参加するのも、林業就業への近道です。

求人している事業体へ問い合わせたり、ハローワークや支援センターへ相談する

【就職活動】求人している事業体へ問い合わせたり、ハローワークや支援センターへ相談する

森の仕事に就くことに自信がついたら、求職活動を行いましょう。採用前にトライアル雇用(最大3カ月)を行っている事業体もあります。

フォレストワーカーになり、技術をさらに身につける

【林業就業】フォレストワーカーになり、技術をさらに身につける

林業就業おめでとうございます!これからが本番です。一人前になるには3~5年かかります。体力、健康の維持につとめ、技術の習得、向上に努めましょう。